こじらせ女子の末路

非倫理的社会不適合者です。

ブスの自覚。

寝れない時に私がよくやってしまうこと…それはインスタグラムやTwitterで“#ブス”というハッシュタグを検索するという。SNSの闇をみることができていい暇つぶしになります。(さっさと寝ろ)

私は自分を「ブスである」とよく表現します。周囲からはブスではないと言われますが“美人”と言われたことはあまりありません。たぶん“美人”というタイプではなく、どちらかというと“可愛い”に属します。童顔気味でシワがないため10歳ほど若く年齢を間違われます。ですが「モデルか女優さんですか?」ではなく、「AKBにいそうだね〜」な感じです。レベル的に中の上か、上の下といったところが妥当だと思っています。

若い頃、銀座の夜のお店で働いていたこともあり(お店には可愛い子もブスも両方いましたし、売れっ子がただ美人な人たちだけではないということもわかりました)、私は見た目で人気があったタイプではなく少しブスなことを売りにしてお客さんから可愛がられていました。

そういう見られる商売の場で働いていると整形している子も多く、彼女たちは自分のコンプレックスを着々と治して完璧な美人になっていきます。私も歯と顎を少しいじりました。

ですが私は元々の骨格が良くなく横顔が非常にブスです。前方からはまだマシなのに、横からのアングルがドブス!!!もうお金いくらかけても治らないレベル。笑

この「完璧な美女になれない」という事実が私にブスというものを受け入れさせたのでありました。

あんまりブスブス言うと、ブス自覚があり、なおかつ私よりも顔が崩れている子から大ブーイングを受けるのですが。その子たちも私も含め、自分の見た目のレベルを受け入れているというか、しっかりとブス度を認知している。この自分の見た目のレベルを認知することは生きていく上で重要であるなとしばしば思うのです。

 

30代40代のこじらせ男女たちに共通していえるのは「自分を過大評価している」方が多く感じられます。いわゆる“カンチガイ”というやつです。30年以上生きてきてつくづく感じたことは「女は見た目で評価されやすい」ということです。 

人は見た目が9割 (新潮新書)

人は見た目が9割 (新潮新書)

 
言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

 

 美人は生涯に2400万円得し、不美人は1200万円も損して、美貌格差の総額は3600万円にもなるのだ。

 “美貌格差”ですって。ひっど〜い!なんて言いたくなりますが、これは身をもって経験しているためバカにできない真実です。自称ブスの私ですらこの金額以上使ってもらっているため、芸能人クラス級の美女ともなれば相当な金額になるのではないでしょうか。 女の価値を見ためのみで判断するというのは大変浅はかな行為だなあと感じるのですが、初対面で中身を知ってもらうことなど到底不可能であるし、そもそも中身すら浅い私たちにどうしろと…。

とにかく“女は顔”なのです。そして男はというと…“金”ですね。見た目もいいにこしたことはないのですが、見た目が悪くとも“金”があればカバーできるといったところが女とは違うところでしょうか。

 

このくだらない価値基準の中で自分はどのレベルに位置するのか?を客観的に判断できている方が、生きやすいのだと私は思います。

私が若い頃に「美人だからモテて当然!イケメンで億以上稼ぐ男じゃないと釣り合わないわ!」なんて勘違いしてたらきっと結婚なんてしていなかったでしょう。この顔のレベルだし、ここら辺が妥当だろう…と。

ブサイクを自覚する男友達は「俺の嫁はめちゃくちゃ美人とかじゃないが、金もなく容姿もそこまで良くない俺レベルが結婚するとしたら、たぶんこれが限度だと思った」という発言が聞かれます。言い方はひどいですが、要は分相応というものを自覚しているということですね。「ブサイクで金もないが美人としか付き合いたくない!」と喚いていた友人は、最近結婚も彼女もあきらめて美人しかいない高級ソープに通っております。

 

「結婚したいのにできない!」「彼氏(彼女)欲しいのにできない!」と言ってる方たちは、一度“自分が人からどう見られているか”を客観視するところから始めた方がいいのかもしれません。

中学生時代の夏休みの思い出がない。

自分のプライベートな話を書くと身バレが怖く、なかなか書けないでいましたが…

 

こちらのブログを拝見して少しだけ書いてみようかと思いました。

 

題名の通り私は中学生時代の夏休みの思い出がありません。「思い出がない」というのは適当ではないかもしれません。正確に言うと「友達と遊んだ思い出がない」です。

中学1年生の頃はバドミントン部に入っていたため、夏休みは部活に行くという日課があり外出していたのですが、そのバドミントン部がまた厄介。ペアを組んで練習をしなくてはいけないという決まりが。するとペアを組んでいた相手が部活に来なくなり…また中学2年生になった頃から私は同学年の女子全員から無視されていたため、部活にいってもそんな私とペアを組んでくれる友人がいるわけもなく…。そして私はバドミントン部を辞めました。

小学生の夏休みは嫌でも毎日あったラジオ体操すら中学生は行く必要がありません。私は毎日何をして過ごしていたのでしょう。何となく記憶にあるのは

 

起きる→朝ごはんを作る&食べる→ニュースを見る→洗濯物を干す→お昼ご飯を作る&食べる→昼ドラを見る→昼寝するor読書→洗濯物をたたむ→夕飯の用意をする

 

ん?主婦ですかね?

毎日同じことの繰り返しで全く面白くもクソもない夏休みでしたが、それよりも私は夏休み明けの友達のいない学校生活がまた始まる日が来ることにビクついていたような気がします。

なぜ友達がいなかったかは、まあ自分のせいでもあり、そんな自分を作った毒親な両親の存在がありました。私の親は子供に関しては「成績が良ければそれでよく、遊びや友達は必要ない」そのような偏った考えの方たちでした。中学生の女子というものはただでさえ面倒臭いものであり、その対応に悩んでいた当時の私に対して

友達なんてものはいらない。何にも利益にならない。なぜ友達なんか欲しがるのか?

と言い放たれた記憶があります。(父に友人はいません。お葬式呼ぶ人いないや。あはは)自分のせいであると言ったのは、キチガイ発言を繰り返す親に反抗できなかったという点ですね。養育されているうちは反抗できないな…と子供ながら理不尽さを感じていました。

我が子に友達が一人もおらず夏休みにどこも行かないという状況が変だとは私の親は考えなかったのか?(もともと社交的でなく本ばかり読んで引きこもっていた幼少期でしたが)なんて愚問ですよね。はい、考えてなかったと思います。“問題を起こさないいい子”であったことでしょう。そのようにして2年生の夏休みは過ぎていき、3年生の夏休みはというと…ゴロゴロしていて暇な夏休みを過ごすくらいなら、と塾に通うことになりました。というわけで継続して友達のいなかった私は、毎日塾に通うという予定ができたことに喜びを感じていました。その塾も自分と同じ学校の子が通わないような遠い場所を選び、安心感もあり、塾に行くということがとても楽しかったのを覚えています。

私の両親は世間でいう毒親でしたが、私が大人になると無毒化しました。というより「養ってやってるんだから言うことを聞け」のセリフが言えなくなったこと、子供ながら親のために自分を犠牲にするのは当たり前だと思っていた私の優しさに甘えまくっていた両親に対して、厳しく接するようになったことが大きかったと思います。

 

というわけで世間は「夏休み=楽しい」といったイメージでしょうが、私の夏休みの思い出にはダークなものが含まれているのです。まだまだ夏休みは始まったばかりですが、こどもたちが楽しい夏休みを過ごせますように…。

 

ゲロを浴びた話。

f:id:nemuinoninemurenai:20170723115739j:plain

三連休いかがお過ごしでしたでしょうか?私は自分の好きな歌手のイベントがあり、そのイベント参加券をゲットするために始発で店舗に向かい、ひたすら並んで無事に参加券を手にすることができました。
 
イベントを終え、ファンで仲の良い子たちとディナーを食べ、感想を語りながらルンルンな気持ちでの帰宅…と電車に乗ったところ、何やら不穏なカップルが隣に。
 
男「ううぅぅ、吐きそう。(手にビニール袋所持)」
女「(男の背中をさすりながら)大丈夫???」
 
男の隣に位置していた私は、やべぇなーてか背中さすったりなんかしたら余計出るだろ!やめろ!と女の行動にイライラしながらもチラチラ観察していました。吐かれたら逃げなきゃいけないから。
まだ21時過ぎたところで飲み過ぎにしては早い時間だなぁと…お酒弱いのにムリしたのかな?若そうだしな〜なんて思ってたら
 
男「お前なんで平気なの?」
女「やーなんか酔い覚めてきた的な?」
 
という会話。あきらかに余裕の表情の女。
 
その10秒後、
女「え、う、なんか…きもち…わる…あ、う、ウオッ!
オホエバァァァァァァァァァァァァアアアア!!!!」
ビシャアアアアアアアアア!!!(勢いよく前方に飛び出す酸性の液体)
 
  男女
  /液\
 私 体
 
という構図でいたため、その液体(チラホラ固形物も見える)は私の左半身にぶっかかることに。女が吐くと思っていなかったとはいえ反応できなかった自分にげんなりしながらも、女の方を見ると嘔吐物まみれの顔をしているにもかかわらず自身が吐いてることを理解していないようで…
 
お気に入りの服を着ていたわけではないため特に苛立ちは感じず、リュックからタオルを取りだし、女にとりあえず顔を拭くように伝える私。タオルなんて捨ててくれと思って手渡したんですが「ありがとうございます」ってゲロつきタオル、ちゃっかりしっかり返却されました。
 
ビシャアアアアアアアアア!!!の瞬間、「ヒィィィッッ」って身を守りまくってた優先席に座っていた女2人組(若者)」タオルをだした私の後に「こ…これ使ってください」ってポケットティッシュを2つ渡し…
 
ゲロ女は床にブチまけたさっきまで胃袋におさめていたはずの液体をティッシュでふきふき。ゲロ女の隣で吐きそうにしてた男は「(え〜〜お前が吐くんかーい!)⁈⁈⁈」という表情ではじめ固まっていたのですが、ティッシュ手渡された後はキョドりながらも女と一緒にふきふき。一気に酔い覚めて良かったね。床の嘔吐物をあらかた拭きおわり(窓とかにもかかってた)ゲロ子は逃げるように電車を降りていきました…。
 
降りぎわに
女「かかってませんでしたか?ほんとタオルありがとうございました(涙目)」
私「大丈夫ですよ(かかってるけどね)」
なんてやり取りを。
 
私は返却されたゲロつきタオルで自分の服についた固形物をとり(液体は染みこんでしまったので)、手にゲロタオルを握りしめたまま帰宅しました。
 
ゲロなんかで怒る私ではないんですが…
 
お酒の弱い方は飲み方ももちろん気をつけてもらいたいのだけど、
気持ち悪い時は電車に乗るな!!!
吐きそうなら即降りろ!!!
ゲロは人にかけてはいけないいいいい!!!
 
というアクシデントつきの楽しい三連休を過ごした私でした。
人生でゲロまみれになったのは初めての体験だったなあ…(感慨深い)。
 
 
 
 

「君の座右の銘って何?」って聞いてくるやつなんて嫌いだ。

昨日“座右の銘”を聞かれたんです。
座右の銘

常に自分の心に留めておいて、戒めや励ましとする言葉。

もともと、古人が席の右側に置いて自らの言行を戒める言葉であったが、後に人々はそれを傍らに置いて自らを激励したり、戒めたりする格言となったとされている。

「座右」とは、皇帝が自分の右手側の席に、信頼できる補佐役を座らせた重要な席を指す。「銘」とは、古人が鐘や器などの器物に刻む文体の一種であり、自分自身の戒めや他人を賞賛する目的で刻んだものである。

d.hatena.ne.jp


私の“座右の銘”はナウシカの言葉で「私達は血を吐きつつ、繰り返し繰り返し、その朝を越えて飛ぶ鳥だ」というものなんですが、、、いかんせん暗い。
これ言ったら説明するの面倒なことになる…そしてその場の空気が確実に重くなる…何かいい言葉ないかな…(汗汗)
と思いついた故事成語が「臥薪嘗胆」(!?)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A5%E8%96%AA%E5%98%97%E8%83%86ja.wikipedia.org

重いいいいいい。もうね、根暗です。考え方の根が暗い。聞いてきた方は初めて会ったばかりの方で…そんな深い話をする間柄ではないのですよ。私のネクラ〜〜な性格なぞ場の空気を悪くするだけの迷惑極まりないものなんですよ。こんなとき軽く流せる方が羨ましい。隣で友達が「私は一期一会かな〜〜(テキトーな微笑み)」ってやりやがったので、チキショー私もそれやりたいぜ!ってなりました。(見習え)
私ほんとにテンパると何も浮かばなくなる派なので、こういうときめちゃくちゃ困るんです。だからもう用意しておこうと!思いましたね!どーでもいい人用のサラッとかわせる“座右の銘”なるものを。

対どーでもいい人用・明るい“座右の銘”をお持ちの方、コメント頂けると大変喜びます。

「付き合う」ってな〜に?

先週久しぶりに会った大学時代の友達から衝撃的なヒトコトを頂きました。去年入籍したばかりの新婚の彼女…。暇つぶしだと言って独身男性と遊んでいる私に喝!
私「既婚者だって言ってるのに告白されるねん。」
友「遊ぶな!お前は“未婚女子のチャンスを奪っている”ことをもっと自覚しろ!」
わお。私ってば知らず知らずのうちに未婚女子のチャンスを奪っていたのね!と。

未婚女子すいません。
でも私は、やめません。
自覚だけします。
でもやめません。(クズ)
飲みに誘われればいきます。
カラオケ好きなのでいきます。
ホテルは気分です。
でもお付き合いはしません。
私としてはそれが独身女性への配慮なのです、私なりの。

そんなお説教話の中、そもそも付き合うってなんだよ?とか言い出した面倒臭い奴がいて…「“付き合う”とはどういうことか?」を考える運びになりました。

なぜ男女は“付き合い”たがるのか?付き合うとは一体?
私「SEXパートナーを固定しないと性病が蔓延するからかなあ⁈」
一同「だまれ」「クズ」「ゴムつけろ」

真面目にお答えすると私の個人的な意見はこうです。
“付き合う”ことで付き合う前と具体的に何が変わるかというと、「彼女」「彼氏」という名称を手に入れれるということです。この名称は周りに誇示できるものです。このことは周りへの“牽制”につながります。こいつは俺の(私の)ものだからな!といったように。つまり、「束縛したい」「独り占めしたい」という気持ちがあるということ。そのため「付き合いたい=束縛したい」となるのかしら?と私は考えるのです。
そういう私は現在クズ度わりと高めな女であるのですが、独身時代…天性のクズ男精製機であり、付き合ってきた方々にほぼ100%浮気されていました。浮気され続けていると初めは泣き叫んで嫌がるんですが、何年も繰り返されると感覚が麻痺してきてどーでもよくなってきます。そのうち“浮気なんて大したことない”と思うようになり自分までクズになりました。こんなことが我が身に起こるとは!クズって感染するんですね。浮気が必然な状態であるクズにとって、束縛なんて不可能。そんな私は“付き合う”ということに意味を見い出せなくなり最終的に「付き合う」ことを放棄するように…。

karekano-love.com
付き合う3つの意味

  1. 定期的に会う、連絡する
  2. 他の異性とデートをしない
  3. 体の関係を持つ

eurek.jp
hasunoha.jp
ここでは恋愛は結婚のお試し期間と言われています。恋愛の先に結婚を考えている人々が「付き合う」形をとると。結婚が当たり前でなくなってきている現在「付き合う」事に意味を見い出せない人間は案外多くなってきているのかもしれません。

女が結婚をあせる理由

twitter.com
SK-2の広告の動画を見ていてふと思ったんですが。
女がなぜ結婚をあせるのか?について…もうこれは答えがかなり明確ですね。

『出産できる年齢が限られているから』

この答えがほぼ大半かと。
人は人生80年も寿命がある中で生殖可能な年齢があまりにも短いと思います。その一生涯をともにするパートナーを20〜30歳という10年あまりで決めろというのは、なんとも言い難い。子供を産む年齢に関しては、今は高齢出産も増えてきましたが、それにしても健康な子どもを産めるかというリスクについてはは未だにクリアできていません。35歳を超えると障がい児が生まれる確率が上がります。私自身子どもができた当時、子供は欲しくなかったのです。でもこれは今だけの気分なのか今後気持ちが変わるのか確信がもてず(人間の心はたえず変化するため)、40過ぎて欲しくなっても遅いな〜と。“子供は一生いらないという意志”を貫くことができるか確証が持てなかった私は、子供には失礼ですが自分のエゴのみで産むことを決めました。まー人間はワガママな生き物で(特に私はワガママすぎだ)ないものねだりしがちだから、きっと子どもがいなければ欲しい欲しいと言っていたかもしれませんね。

男性は何歳になっても大丈夫!とか思っている方は目を覚ましてくださいね。男性も40歳を超えると奇形児のリスクが一気に上がります。「結婚は35歳過ぎてからでいいかな〜」なんて甘いことを言って40歳過ぎちゃった系おじさんが私の周りにウヨウヨいます。男性側が腐った羊水(倖田◯未が言って問題になりましたね)お断りなのと同じく、女性だって腐った精子はお断りなんです。子供が欲しくて結婚がしたい方はそこら辺を考えて早めに手を打ちましょうと言いたい。

でもSK-Ⅱの動画の女性は子供は欲しいが「子供を産むために結婚するわけじゃない」と言ってるんですよね〜。まあ婚姻関係を結ばずに非嫡出子として育ててる方もいらっしゃいますのでこだわる必要はないとは思います。ただただ今の日本はそのような方への風当たりはまだ強く、どうしてもマイノリティな存在になってしまい生きづらいことが多いでしょう。
年齢、結婚、出産…どれも切っても切れない関係の話だなあと。

友達ならばちゃんと言うべきなのか。

何でもかんでも素直に言葉を相手に伝えるのは正しいことでもなんでもなく、時と場合によっては相手をただ傷つけるだけの迷惑行為だと思うのです。

「正しいことは言って良い」と親に育てられたからといって、素直にブスにブスと言い続けた結果、中学3年間女子から全力でいじめられぬいた私です。バカだったなあ!

 

話は変わり、少しレベルが低くアホくさいと感じる方がいるかもしれないことを先にお詫びしておきます…。

友人A子に最近彼氏ができたらしく、彼女からは「今度紹介するね」と言われており、実際紹介される機会があったイベントに私が参加しなかったりなんかで、その友人彼には会えずじまいでいました。(特に興味もなかったですし)

そんなある日、A子との共通の友人(男性)たちと遊んでいると「A子の彼氏の家でパーティーしてるから暇だし参加しようぜ」という流れになりました。言い出しっぺの友人に「A子はいるの?」と聞くと「たぶんいると思うよ!」とのこと。じゃ、行こっかな〜なんて軽い気持ちでお邪魔したのですが…A子彼氏宅に着いてみると、知らない女の子ばっかり…そしてなぜかA子がいない…。ううむ、帰りたい。だが来たばっかりだ。とモヤモヤしながらもその会に参加することに。

A子はその日はいなかったらしく(A子に直接連絡とらなかった私が悪いんですが)、A子はいないが一応A子彼氏さんに挨拶をする私

「あ…A子の大学からの友人のこじらせです(ぺこり)」

それに対する反応がなんかよろしくない。

周り「A子って誰?」

A子彼氏「顔がでかい女。25歳とか言ってるけど見た目30以上のババア」

なんなんだこの男は?!友人だと挨拶した私がいるにもかかわらずA子のことをdisりだした。確かに昭和時代の生まれであるにもかかわらず25歳とサバを読むのはやりすぎだと思いますが、この彼も失礼すぎます。不穏な空気を読みとりながら話をしていると、どうもこのA子彼氏はA子のことを彼女だとは思っていないよう…それどころか別にしっかりと彼女(A子ではない)がいるという話を聞きました。これはどう本人に伝えるべきか…と悩みながら帰宅し、とりあえずA子に彼氏の家にお邪魔したことと、行くことになった経緯をともに伝えました。するとA子激怒「彼氏の家に勝手に行くなんてひどいよおおおお!?!?」と。そもそも彼氏じゃないようですが…それは置いといて。事前にA子がいるか確認をしなかったのは確かに悪かったと思いましたし、“彼氏の家に女友達がいく”ことは気持ちのいいものでないことは理解できるため謝罪しました。そして大勢で行ったことや、一人だけ抜けれない状況であったことなどを考えて許してくれるかな〜と思っていたのですが、A子の怒りはおさまらず怒りのLINEが続々と…。ううむ…わが友人ながらだいぶ面倒くさい!こんな状況の中、彼の家で聞いた話をしたところで聞く耳を持たないだろう…と思った私は続々と届く怒りのLINEを既読スルーすることにしました。

翌日返事がまったくないことに不満を感じたA子から電話がかかってきました。少しは落ち着いたかな〜なんて思いながら電話に応じたのですがまだプンプンな模様。話を聞いてるうちに少し落ち着いたA子。わかったのが、A子も彼女扱いされていないことは自覚している(じゃあ彼氏なんて言うなよ)けれども彼のことが好きで、そのためストレスが溜まっているようでした。30超えて何やってんだ!なんて言わないであげてください。年齢が高いからといって精神年齢が高いとは限らないのです。その電話で私が話したのは、彼はA子のことを彼女とは言わなかったこと、世間で言われるダメオ代表(無職のアラフォー)男性であるためやめたほうがいいんじゃないかということでした。

 

そんな彼女に彼氏が言っていた話の詳しい内容を伝えるべきか否か?

ダメな男であることは十分わかっていると思います。しかし“彼女扱い”されてないにもかかわらず自分が彼女だと周りに言いたいくらい彼のことが好きで諦められない。頭で理解していても気持ちがうまくコントロールできない感覚はわからなくもないです。A子は精神年齢が幼いことに加え、入院経験も過去にあるくらい精神的に弱い部分をもっていることを私は知っています。普通なら常軌を逸したと思うレベルの怒りLINEも許せるのは私が彼女の過去を知っているからこそなのです。

「友達ならばありのままを伝え彼と別れさせるべきだ!」と言う方もいますが、そんなことで諦めがついていたらとっくの昔に別れているでしょう。心が強く賢い人ならば私も伝えます。ですが精神が幼く脆いA子が、自分が裏で好きな人にひどく言われていることを知ったら、どうしようもなくただただ死にたくなるだけなんじゃないかなと。伝えてどうなるかは伝えてないからわからないけれど、状況が良くなる確率が低いのならば伝えるべきじゃないと私が判断した次第です。

 

30過ぎたおばさんと40間近のおじさんの間で繰り広げられる、加齢臭漂う香ばしい恋愛(わりとA子の一方的な)話でした。