読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クズの日常。

非倫理的社会不適合者です。

老年期の他人の家庭事情に聞き耳をたててみた件。

今日はご近所のランチをやってるイタリアン&喫茶店にお邪魔したのです。


私の入ったすぐ後に、80代前半の男性2人組が私の斜め後方に着席。2人とも日替わりランチを注文、なんだか常連さんなご様子。80歳すぎて男2人でイタリアンでランチなんて洒落てるな〜なんて思ってたんですが、2人のお話の内容が興味深いもので、、、

f:id:nemuinoninemurenai:20170321140555p:plain


男性A「俺の友人のSさんいるじゃないか…Sの奥さんは今介護施設に入ってるんらしーんだが、どーもそこの居心地がとても良いらしくてな?施設から家に戻りたくないと言ってるみたいなんだ」

男性A「そこでSは言ったらしい『俺の飯や洗濯なんかの世話は誰がするんだ!』ってな」

男性B「今は飯は弁当を配達してくれるサービスがあるし洗濯くらい自分でしろよ」

男性A「ちょっと俺の話を聞け!問題はそこじゃない。Sの奥さんなんて言ったと思う?『他の女の方を呼んでやってもらったらいいじゃない』だと」

男性B「、、、なんでSの奥さんはそんなことを。マトモな考えではないな」

男性A「Sは今まで囲ってる女がいたんだよ。だから確かにやってくれる女はいるみたいなんだ」

男性B「俺らじゃ考えらんないな。こんな80過ぎの金も何もない男に誰が介護のために一緒になってくれるんだよ」

男性A「誰もおらんだろーな」

男性B「この歳で離婚か」

男性A「いや、離婚にはならんだろう。奥さんの了解を得た上で女を家に上がらせるんだから。奥さんは施設から家に帰らないと言ってるわけだし」

男性B「それにしてもフツーじゃない考え方だ。子どもたちは何と言ってるんだ」

男性A「長男は『勝手にしろ』、次男はSに怒ってるようだ」

男性B「怒るのは当然だろうな」

男性A「だけど家に帰ることを放棄してるのはSの奥さんの方だぜ?」

男性B「それにしても家に奥さん以外の女を入れるべきじゃないだろ。自分の世話くらい自分でしろ」

男性A「Sは今後あと数年で死ぬかもしれないのに、その生活をさみしく独りで送るのか?ってことを言ってるんだよ」

男性B「奥さんが帰らないんだから独りなのは仕方ないだろう」

男性A「Sの奥さんが他の女を入れることに賛成しててもか?」

男性B「俺には理解ができないな。全くマトモでない考え方だから」



といった調子で会話は終了。男性2人組は早々と席を立たれました。

この男性B、80年以上きっと浮気なんてしたことがない方なんでしょうね。自分の真っ当な人生が正しいと信じる意見の通しっぷり。それとこのお二方はご自分達に奥さん以外の女を囲うような魅力がないとおっしゃっていましたが、枯れ専の私としては魅力的でしたよ?笑

80歳を過ぎても家庭問題というか、色恋沙汰はあるんだなぁとしみじみ。きっとSさんの奥さんは他の女の存在を知りながらも我慢して80すぎまで連れ添ったところで我慢の限界がきたのでしょう。

自分のことを大切にしてくれなかったどーでもいい男の老後の面倒をみるくらいなら、1人で衣食住の楽な施設で暮らすほうがマシだと。

体力もないだろうし離婚はされないのが正解だと思いますよ。財産分与とか今さら面倒だし体力けずるだけですからね。

などとS奥さんの心境の想像と妄想をくり広げながら、私も日替わりランチをもぐもぐ美味しく頂きましたとさ。

ご近所のランチめぐりは以外と楽しいものですね。



元不倫相手からの電話。

未だに電話をかけてくる元不倫相手の話です。

f:id:nemuinoninemurenai:20170321140225j:plain


私自身は束縛されるの大っ嫌いで

“恋人=自分のモノ”みたいな考えも嫌いなわけで

「ワタシはモノじゃない!人間だ!」なーんて叫んじゃうタイプなんですが、、、

そのくせ自分のモノにならない人が大っ嫌い。笑

なので自分は既婚者のくせに、相手は独身ってことがほとんどなんです。既婚者同士の「遊びの関係〜〜」とかじゃカラダの関係なんてムリ!本気で私のこと好きじゃないと嫌!っていうワガママ女。

そして2年ほど付き合いのあった相手と3年前にお別れしたのですが、その理由は彼に子どもができたから。

「好きな人(私)が既婚者なので自分だって遊んでもバチは当たらないと思っていた」

と、何人かセックスフレンドを作っていたらしく、その1人を妊娠させてしまったと。

確かにバチは当たらないし、私も何も言いませんが(言える立場じゃない)、避妊具なしじゃ子どもできますよね。笑 

君のことが好きだから僕は結婚しない!」

とか彼はアホのように(というかアホなんですが…)叫んでいたんですが、サヨナラしました。そして相手の女性は40代いうこともあり、もう妊娠の機会は望めないとして産む決意をなされたようで

てか私が知らされたときはすでに産まれた後だったんですがね。笑

今もなおその女性と籍を入れるのを拒んでいる彼でして、そんな彼は極度のヒモ体質。私とお別れしたのを機会に女性のご実家に転がりこみ、なのに籍も入れず、、、満足なお金も渡さず、、、

な状況の中、女性のご実家のリビングから毎日のように電話をかけてくる。

どんな神経してるんだ。

ここで彼のプロフィール
・40代
バツイチ
・飲食店バイト
・住所不定
・壊れかけの軽自動車所有

これ10代とか20代の話じゃなく、私は30過ぎてますし彼も40代。笑えません。私ってば、バカと貧乏嫌いなはずなのになんでこんなの好きだったんだろう?と嘆き悔やまれる日々。あの頃はアホだった…(トオイメ)。

あとそんなバカ男の子どもを産もうと思った女性の心境(私も出会った当初はそう思ってた…!アホ!!!)が気になる。そしてその後もヒモオジサンの面倒を見てるという。天性のダメ男製造機だなぁ。

その女性とは付き合い長いらしいのですが、なんであのバカなんだろうか…やはり顔か?(顔はわりと綺麗な顔してるおじさん。私は彼の顔が好きでした。)

そしてなぜ私が電話に出るかというと

私が、暇だと誰かれかまわず電話にでる、“来るもの拒まず”な性格であることがひとつ。また彼とは二度と会う気はないのですが、その後の経過を知りたくて(怖いもの見たさというやつですね〜)ついつい電話をとってしまうというのがひとつ。

性格悪いですね〜。

そしてかけてくる方もバカ、出る方もバカ。笑



今日も不毛な電話はかかってくるのでしょう。


イジメの話からバカについての話に飛びます。

f:id:nemuinoninemurenai:20170302174430p:plain


ある知り合いとイジメについての話をしていたんです。


いじめ(苛め、虐め、イジメBullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、暴力差別いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分出席停止についても言及されている。(Wikipediaより抜粋)

その子は、「生まれて一度もイジメを目にしたことがなく参加したこともない」と言うのです。

集団心理に左右されやすい年頃の子たちは必ずと言っていいほど“仲間はずれ”を作りイジメを行います。集団があれば、そこにいじめがあると言っていいほど、子どもだけでなく会社、ママ友、至る所で“仲間はずれ”を作る様子はよく見られるはずです。

ところが、その子はそんなもの見たことがないと言い張る。

そして、「そんなイジメばかりの世界にいて貴方は大変ですね」ととっても呑気なのです。

この人物は人里離れたジャングルで孤独にひとりで暮らしていたのか⁈と思うような発言に目を丸くしながらも、彼女の発言の真意を想像してみました。

彼女は小学校も中学校も、高校も出ています。日本の“集団”に重きをおく教育を受けて育ってきています。しかも高校はかなりのマンモス高校であり、生徒同士のイジメもあれば教師からも体罰があるのが普通と耳にしたことがある、お世辞にもお上品とはいえない県内でも最下位を争う高校。

そんな中、イジメを目にしたことがないとのたまう彼女。

私は自分も被害者になった経験をしているため、この手の話に熱くなってしまうタイプなのですが、、、

なぜ彼女はイジメを目にしたことがないとハッキリ言い、こうも私をイラだたせるのか?言っておきますが、彼女は嘘をつくような人ではないのです。

考えた結果とんでもないことが予想されたというか、判明したというか…

私は彼女がとてつもない「バカ」であることを忘れていました。想像するにきっと、彼女のまわりにもイジメはあったのでしょう。ですが余りにも知能レベルが低すぎて、それをイジメだと認識する能力がなかったようなのです。

たぶん彼女自身もイジメられたり、イジメ側にもまわっていたのでしょう。ですが、そのことに気づかない!!!全く!!!す、すごい!!!

仲のいい子が、他の子にとてつもなく古典的な「昼にパンを買いにパシリにされる」ということを毎回されてるのを見て、それがイジメだとは全く思わず、「嫌なら断れば
いいのに〜影で文句言ってるけど、実際に買いに行ってるってことは本当は頼まれて嬉しいのかな〜」なんて不思議な思考回路で見ていたそうです。

私がそれもイジメの一部でしょ?と教えると「えーーーーーーーーーーーー⁈あれがイジメなのーーー⁈」と非常に驚いた様子でした。

バカは恐ろしい…や、逆に素晴らしい。

全ての人が知能レベルがナメクジならば、争いごとなんて起きないのではないだろうか?

って考えたんですが。ムリか、バカばっかりだと生活レベルが低下しまくって、むしろ原始人みたいになったら食料の取り合いとか殺し合いになるかもしれない。ナメクジじゃ文明もできないかな。

とりあえず、バカはイジメに気づかない、ということがわかった今日でした。

子どもが嫌いです。

f:id:nemuinoninemurenai:20170225225233j:plain

子どもが嫌いです。


結婚しており、自分の子どもはいます。

けれども“子ども”というものが嫌いなんです。

子ども子どもと言っているけれど、子どもの何が嫌いというと多分“無知でいる”存在が嫌いなんだと思います。

小さくて見た目は可愛いです。

ブサイクでも小さいというだけで、なんとなく可愛い気がします。でも嫌い。

子どもは経験、知識が皆無であるため始めは好き放題します。それはいいんですよ、知らないんだから。そしてその経験やこれからの学びを教えていくのが親なのだと私は考えているのですが、、、

1歳になった息子を連れた中学時代からの友人とランチに行った際の出来事ですが、その友人の息子は座敷にいる他のお客さんの荷物を踏み歩いていました。

私が慌てて止めると、友人は「小さいから言ってもわかんないじゃん。」とのこと。(そして放置)

わからない存在だから体を張って止めるんだろう⁈と。

“無知でいる”ことは“無知でいるからといって許される”ことではないんですよ。

責任無能力者の監督義務者の責任

民法714条】

  1. 前二条の規定により責任無能力者がその責任を負わない場合において,その責任無能力者を監督する法定の義務を負う者は,その責任無能力者が第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし,監督義務者がその義務を怠らなかったとき,又はその義務を怠らなくても損害が生ずべきであったときは,この限りでない。

親の監督責任についての法律もあるんです。子どもだから何しても許されるわけではないんです。

もし子どもでも、踏みつけたその鞄の中に何百万もする高価な物が入っておりそれが壊れた場合は、監督責任なのですよ!ということです。止めないで放置して踏ませ放題にしていた親の責任なので、親に損害賠償の責任が生じますよってことです。

この例は極端すぎましたが、親がものを教えるということは子どもにとって、とても大切なことなんです。でも案外教えるという行為をされてない子どもは多い。子どもだから許されると親が思って放置している。

だから私は子どもが嫌いです。そのような親の元に育ち、自分が許されてる存在だと思い込んでいる子どもが。

バタバタとファミレスで走る子どもも嫌いです。ファミレスだからいいじゃんとおっしゃる方。ほう、あなたの家は食事時に周りで走りながら食事をするのですか?と聞きたい。

教育の現場にもいた私ですが、実際にこれが本当にいたりするから困るんです。走りながら食事する子ども。

給食時に全く座っていられないため、「お家でどのように食事されてますか?」と思わず聞いたところ、まさかの回答を親御様から頂いてビックリでした。本当に走りながら食べてる子どもがいるとは…。

そんな家庭ばかりでないことを祈りたいものですが、やはり子どもは嫌いです。食事時に走りまわる子どもは論外です。

私はその子は(ここでは言えない方法で)矯正させて、座って食べるようにして上の学年に進級させました。お母様からは感謝の言葉と「どうやったんですか?」と聞かれましたが…。

あ、あと書き忘れてましたがランチにいった中学の友人とはその日以来一度も会っておりません。嫌なことは事前に全力回避!!!


「結婚=大好きだからするもの」

ライフスタイル 結婚

f:id:nemuinoninemurenai:20170221000223j:plain

「旦那さんのこと大好きだから結婚したんでしょ?」


地元から友達が遊びにきてたんですが、、、彼女は住んでるところは離れてはいても年に2回は遊び、去年の夏も女3人でBBQしてたうちのメンバーの1人。

なぜか私の旦那の話になり、上記の発言が彼女の口から飛び出してきました。

私ってばそもそもとっても特殊な結婚相手の選び方をしていまして、

結婚しよう。とふと思った当時、自分好みの男性がいなかったこと、そして結婚前は(今もだけれど)かなりの男性から言い寄られてたこともあり、その中から

年収+私を束縛しない人

という目線で選んで、好きという気持ちが1ミリもない方と結婚したのですよ。

そしてその事実を私の友人達は知っているはず…

と思っていたのですが、違いました。

上記の発言を結婚して何年も経った今さら言ってきた彼女、結婚した当初から現在に至るまで、私のキモチやその状況を伝える場に彼女はいつも存在していたのですが…

全く聞いてなかったみたいですね。あははははは。

「旦那さんのこと大好きだから結婚したんでしょ?」

この問いかけには「んなわけねーだろ!バカか!年収そこそこ良かったのと奴隷のように言うこときくから結婚したんだよ!」と丁寧にお答えしておいたのですが、どーせ耳には入っていないでしょう。

「結婚=大好きだからするもの」

という純真無垢な考えで私がいられたのはいつまでだったかなぁと。

19歳の頃すでに「結婚=大好きだからするもの」という考えではなくなっていたシビアな私。

当時付き合っていた彼に結婚してくれと言われたけれど、フリーターで年収300万以下の彼は19歳の何もわかっていないお子様な私でも不安でしかなかなく、丁寧に理由を伝えお断りした。

ということは高校生のときまでかしら?わたしが「結婚=大好きだからするもの」と思っていたのは、、、。

でもね今だから言えることなんだけども、ぶっちゃけ貧乏でもいいなら年収300万もいかなくても田舎では暮らしていけるんですよ。親元で暮らせば家賃いらないし、なんとでもなるんですよ。

お金なんかなくても幸せ!!!

って思えるなら結婚できるんです。ただ私は残念なことに19歳ですでにそんな考えではなかったという。

また、結婚してみて感じたことですが、他人と暮らすことはとっても難しい。好きなキモチがもしあったとしても、果たして上手くいくのかどうか、一言では言えない、、、というものが結婚だと思います。

彼女が30歳をとうにこえた今「結婚=大好きだからするもの」と思っていられるというのは、彼女の周りの様々な環境がそうさせているのだろう…とは推測するのですが、もう羨ましい限りです。

私だってずっと「結婚=大好きだからするもの」って夢見て言ってたかったよおおおおおおおおおおあおおおおおおおおおおおおおおおおおお。

まぁ、彼女がいつまでそう言っていられるか静かに見守っていてあげたいです(鼻ホジホジ)。


慈恵医大の医師が逮捕という記事を見て。

ニュース

f:id:nemuinoninemurenai:20170221000705j:plain


最近、お医者さんの権威が弱まってきてますね〜。


こんなニュースが報道されるとは…

昔はレイパードクターなんて今より沢山いたらしいです。

お医者さんだからレイプしないなんてない。今はこうやって話題に出てるだけ。昔は権威が強すぎて話が潰されてただけなんですよ。

50過ぎのおばちゃんナース達は言います「外科の先生と2人っきりになるな!食われるわよ!」

ひょえええええええ。

偏見だとは思いますが、確かに外科のドクターとかめっちゃ肉食系、自己中オラオラ系のキチガイ多しなのです。だから手術したあとにだってステーキばくばく食べれちゃったりするんです彼ら。

循環器はインテリ系多し。

整形は筋肉モリモリ系多し。

まーほんと偏見なのでしょーが。

そして捕まった方々が「医者なのに…なんで?」とか言われるのは特に“医者=頭がいい”というイメージからでしょうね。

勉強ができるからといって倫理観があるとは限りませんし、物事の良し悪しの分別がついてるわけではないというのがこの事件からよくわかります。

無理やり3人で酒を飲ませ女性を暴行したというのは確かに犯罪行為だし、いけないことであるとは思いますが、この3人のいる家についていきお酒を飲んだ10代女性、私はこっちの女性にも非がないとは思えません。

まーバカなんでしょうね。

経験が浅いというか。考えが浅はかだというか

「あんまり知らない男の家にいく=危険」

という危険予知能力が皆無ですねー。

そんな危険なとこ自ら飛びこんで酒飲んで暴行〜〜とかされて「ワタシレイプサレタノー!!!」なんて泣いてても私は同情しませんよ。

まわされるべくしてまわされた。

被害者に対して非道い!!!なんて批判されそうですが、その一言に尽きます。

よく「エッチしないからホテルいこ?」とか誘ってくるバカがいますが…

そんなバカな台詞信じる人います?

ホテル行った時点でヤられても文句言えませんよ。そーいう場所なんだから。

私はそう思っています。

ヤラレたくないなら行かない!断る。

行ってヤラレても文句言うな!あ、でも下手くそだとか気持ち良くなかったいう苦情は相手に言っていいものとします。

そしてこの子レイパー3人にまわされたとなると…うーん、お世辞にも今後も彼女と仲良くしようとは思ってもらえなかったみたいですね。

フラフラついてくる女子を男たちは“尻の軽いいつでも切れていい女”としてみている。

かくいう私もわりとフラフラついていくバカ女なんですが…なぜでしょうか、殿方は守ってくれる方々が多いため非道い目にあったことがない。おかしいなあ。

この「軽く見られる女」と「大切にされる女」の違いはなんだろうか?単純に顔か?なんなのか?

というのがここ最近の私のテーマです。

あと私はホテルはそーいうことするとこだと思ってるので、連れてかれといてエッチなしとか、もう逆に怒っちゃいますね!なしかよ!期待させんなよ!

的なね。

行くならヤル覚悟で!ヤラレたくないなら行くな!

ただそれだけのことですね。自分の身は自分で守りましょう。以上!

白か黒かの人は人生、生きづらい問題。

f:id:nemuinoninemurenai:20170221000921j:plain
今日は久しぶりに歳下の男友だちとごはんを食べに行ったのですが…

今までは病んでる私に対して「生きてるだけで君はじゅーぶん」的なこと言ってくれてた擁護派だったのですが、今日の彼は一味違った。なんか正論ふりかざしてきた。

私、若かりし頃は彼と同じく白黒ハッキリ人間だったんですよ。悪いことは悪い!浮気するやつなんか死ね!地獄へ落ちろ!

や、今でも好きな人が他の女と寝るのはイヤですよ。でもめっちゃイケメンで金持ってて自然と女の子が寄ってきまくる人だったら、しょうがないやって許しちゃうかもしれない。イヤだけどね。

それを「絶対に許さないんだ!!!」ってなるのが白黒人間。許さないことばっかりだと許せない人が多いわけで

だからか彼は「友だちが少ない」そうです。

昔は私も白黒つけたがってて、しかもそれが正しいんだって信じてて。だから結婚なんてできなくて。正しいとか正しくないとかウルサい女子って嫌われるんですよ、男から。

友だちはまだしも彼氏ともめたとき、必ず正論ふりかざすので男は立場がなくなって別れることになる。

そんな正論を今日はドスンと突きつけられたんですが…

なんか懐かしく感じちゃって、羨ましくなっちゃって。そんな正論言えてる彼が。昔のワタシみたいで。

ちょっと泣きそうになっちゃったりなんかして。

正しいことを正しいって言えるのは自分が正しいからなんだろうけど、でもそれが幸せなの?って言われるとちょっと違うんですよ。

世の中は正しいだけの人なんていないんです。そんな中、みんな折り合いつけて生きてるんです。

昔は浮気した彼氏を上から罵りまくってその挙句フラれてた私でしたが…

まーその男とは別れて良かったとは今でも思いますが、その他のフラれた男には(どんだけお前はフラれてるんだ)浮気してるの見て見ぬフリできてたら良かったなーなんて思います。

すごい好きだった昔の彼と結婚できた奥さんは“見て見ぬフリ”が上手にできる人だったようです。

そんなグレーがまかり通ってる世の中。

あるとき、白だけじゃやってけないんだ…って私の中の何かが壊れ、今では黒に近すぎるグレー。

グレーって言い張ります。断固として。

白黒はとても綺麗なように見えて、誰も幸せにならない不幸の法則なんだと再認識した今日。白黒つけたがる彼の意見は、登場人物全員が不幸になるエピソードなんですよ。正しいからって…それが幸せとは限らない。

でもやっぱり浅はかなんだけどその清らかさは少し羨ましくも思える。純粋だからこそ思えるんだろうな。

だけど青年よ、たぶんそのままじゃ君は大きな壁にぶちあたったときに自分や相手をグレーで誤魔化せずに相手をゆるせず別れを選ぶことになるんだよ。

そうやって自分の嫌なものを切り捨てて生きていってもそれはそれで良いのかもしれないけど、上手くいってるように見えてる人間関係は意外とグレーだったりするんです。