こじらせ女子の末路

非倫理的社会不適合者です。

独身の老後は果たして不幸なのか。

今日独身女性のブログを拝見していたところ「結婚しておらず独身で実家くらしの自分は将来が不安だ!!!」という記載がありました。

そもそも結婚したら将来は不安ではなくなるのでしょうか?今は3組に1組が離婚する世の中です。結婚したからといってその人と死ぬまで一緒にいるとは限らない…。また結婚している方でも、旦那が借金を作ってくる…浮気性だ…アル中だ…などの問題があったりで、結婚した人がすべて安定した生活を送っているとは限らないんです。
「君が死ぬまで絶対に死なないし老後の生活も何不自由なく暮らせるよう誓約書を書くよ!」なんて旦那さんはまず現れないと思っていいでしょう。まず自分より先に死なないなんてことは到底ムリだし誓約書を書いたところで寿命はきますしねぇ。
結婚してもしなくても将来の不安はなくなりませんよ!と、私は言いたい。

そして、「独身」「老後」、と検索をかけると後に続くキーワードはとてもマイナスなものばかり。
f:id:nemuinoninemurenai:20180224222257j:plain
独身者の老後がなぜそんなにもマイナスに思われているのでしょう。
konkatsu-juku.jp
matome.naver.jp

私の母方の祖父は妻(私の祖母)に早くに先立たれたため、現在一人暮らしを謳歌しております。ええ、謳歌しているんです。お一人様ライフ満喫しまくりです。
子どもは2人(私の母とおじ)いますが性格が合わないため同居が不可能でした。ほぼ独身のようなものです。
祖父のことを悪くいうわけではないですが、祖父の中で家族=自分の世話をする人、といった認識であったため「自分の世話ができないのなら一緒に住む意味がない」と言って一人暮らしをされています。祖父を見て「かわいそうな老後生活だ…」などという方もいますが、祖父の生活をみると誰にも文句も言われず、好きなものを食べ好きな趣味に明け暮れ、好きな時に起きたり寝たりしている模様です。「お一人様バンザーイ!」といった具体例ですね。今年87歳になりヨボヨボしながらも楽しく毎日を送っています。

その他に親族の中で独身実家住みのおじがいます。89歳になる母親と69歳の息子で住んでいます。ロードバイクが趣味のおじは定年後も自分の趣味全開で生きております。「この歳で独り身なんてーーー」と母親に言われながらもニコニコしながら楽しそうです。

上の2人の例は今はまだ家族がいますね。ですが、この後誰もいなくなったら彼らはどうなるのでしょうか。怪我をしたり病気をしたら誰が面倒みてくれるの?なんて皆さん思うのでしょうね。

医療職である私の経験から言わせますと「最後はみなさん病院でひとりで死にます」です。病院で面倒をみられ、病院でお亡くなりになります。お金は…?ほとんど年金or生活保護費で賄える金額です。
“ひとりで”というのは少し言い過ぎかもしれませんが、まぁ一緒に死んでくれる人間などまずいませんし、家族に看取られながらお亡くなりになる方は少ないです。
若くしてお亡くなりになる方は危篤状態で家族に知らせがはいり、家族がかけつける…!といった状況になるのだと思われます。
老人病院では危篤状態で一度ご家族に連絡はいれるのですが、これといった進行性の病気がなく入院されてる方たちの最期はとてもゆっくり(心拍、血圧ともに下がっていく課程が1ヶ月かかることも)進む方、ポックリ迎える方など様々なパターンがあり、危篤状態ですぐかけつけて最期を看取ることができるなんて方は少数なのです。

また“妻(または夫)は先立ち、子どもは仕事で忙しい方”がとても多く「亡くなってから連絡ください」なんて言われることもしばしば。家族がいるからといって手を握られての映画のような感動的な死に際を迎えるなんて、私は見たことがないです。

このとおり、家族がいてもいなくても死ぬときは1人です。老後の生活も、どちらかが先に亡くなればどちらかが1人になります。安心してください、最後まで面倒をみてくれるのは病院や施設の職員です。家族ではなく。

私も人の死ぬところを沢山みるまでは、将来に漠然とした不安を抱いていた1人です。医療職についてから、家族というものの大切さも知りましたが、家族のいない方が不幸であったかというのは別の問題だということも知りました。
「ワガママ放題に生きてきて妻には離婚され子どもも音信不通だけれど、俺はこんな生き方しかできなかったのに、病院で毎日美味しくご飯が食べることができ、体の自由がきかなくなったのに風呂にもしっかり入れてもらえて万々歳だ!」
とおっしゃっていた方もいました。彼が自分の人生を後悔していたかどうかはわかりませんが、現状が良いものだと感じていることは間違いないようでした。

「独り身の老後」というキーワードは物凄いマイナスイメージを放つパワーワードだと思います。ですが幸せの尺度や感じ方は人それぞれ…「独り身の老後」が果たして本当に不幸なのかどうなのか?
不安を抱えている若者たちに私のブログを読んで今一度考えてみていただきたいなと思った次第でした。

好きな人の子どもを自分以外の女が産んだ話。

昨今…少子化、妊活、高齢出産などの話題がとりざたされていますが、女性が子供を産むということに対しての考え方や社会の取り組みが著しく変化していっているように思えます。
女が子どもを産むか産まないかという選択にかんしていえば、個人の自由と言っていいでしょう。
ですが、女というものは好きな男がおり、子どもが欲しいならば”その好きな男の子どもを産みたい”と思うのが自然なのではないでしょうか。

「好きな男の子どもを産む」

当たり前のことのように思えますが、これがなかなか当たり前にいかないのです。お見合い結婚で親の決めた相手と結婚するという時代ではないにもかかわらず。

私事ではありますが、以前お付き合いをしていた男性で、お互いに結婚を考えていた相手がいました。まあクズ男だったのですが、そんなクズとの結婚を夢見ていた私でした。
男のくせに(セクハラ発言失礼します)情緒不安定な男で、別れたくないのに「別れよう」発言を繰り返すかまってちゃんでした。
ある頃、彼が別れる別れると騒いでいたのが急に大人しくなり、様子が変だなと思っていたら

「子供が生まれた」

とのこと。寝耳に水でした。なんのことか全く理解できませんでした。
話を聞くと、セックスフレンドがおり、その相手が妊娠してしまったと。堕ろしてほしいと頼んだが、相手が全く聞く耳を持たないまま妊娠を継続し、ついに産まれてしまったとのことでした。

私がその時感じたものはただただ

「恨めしい」

この感情でした。
その彼とはこの事件の直後ではありませんがお別れし、この恨めしいという感情は薄れていきました。ですがその後、”好きな男の子どもを産めなかった自分”というものにだいぶん悩まされました。セフレ女さんは結婚はせずとも堕ろせと言われようとも、好きな男の子どもを産むことができた。それはとても羨ましいことでした。その勇気も称賛しますが。
そんな男の子どもが欲しいだなんて頭がおかしいと思う方は沢山いらっしゃると思いますが、現実にその男の子どもを欲しいと思った女が私を合わせて3人(彼はバツイチ子持ち)もいたということになります。
そしてその中で産むことができなかった女は私のみ。

このことがきっかけで「好きな人の子どもを産みたい」といった気持ちがとても強くなりました。

別の記事で書いていますが私は夫と好きで結婚したわけではありません。そんな私ですが現在は子どもがいます。そして私は好きな人の子どもを産んでいます。

あーこいつ拗らせすぎて頭おかしくなっちゃってるなーと思われたり、この人理解できない…異星人かな?と思ってる方…あなた方はきわめて正常です。

正常でない私と一緒にいたいと言い続ける夫もちょっと頭がどうにかなっているため、
「僕の子かどうかなんて関係ないんだよ。君の子である限り可愛いに違いないんだから」
なんて言って娘を溺愛しています。まぁ娘は幸いなことに私にソックリです。

最近かけこみ結婚していった友人たちは好きではない相手と結婚したようですが、彼女たちはとにかく“子どもが欲しい”ため、その相手との子どもを作ろうと頑張っている模様です。好きじゃないので子作りが苦痛だとぼやいてますが…。
年齢が出産適齢期も限界に近づいてくると、好きだの好きじゃないのだのは問題にはならない!ということでした。

駆け込み婚していく友人たちの行方。

ご無沙汰しております、こじらせです。

今年ももう残り数日…みなさん一年を振り返ってみたりしているんでしょうか?

私はこの一年ニートとなり、まるっと遊び呆けておりました。そして依然として男遊びは継続中であります。全くもって笑えません。

 f:id:nemuinoninemurenai:20180222164356j:plain

そして三十代も半ばを過ぎようとしている今年…周りの独身勢がバタバタと結婚していった年でもありました。「子供が欲しい!40歳になる前には結婚したい!」という思いからでしょう。この前までは「そんな好きでもない旦那とよく一緒に生活できるよね〜」なんて私のことをディスりまくっていた彼&彼女たちが、そこまで好きでもない相手と結婚していく。

「めちゃくちゃ好きな相手じゃないと結婚なんてできないって言ってたじゃん?」に対する返事は「この歳になると”めちゃくちゃ好きな人”なんてそうそうできないし、そんなこと言ってられない。」ってまあ、ごもっともなご意見でした。気付くのに私と10年ほど差がありますけどね。私がそのセリフ言ってたの10年前よ。

みんな揃いも揃って”11月22日(いい夫婦の日)”に入籍しており…SNSに続々とUPされる写真たちを見て「ううう…」と唸り声をあげる私。面食いであるはずの彼&彼女たちの隣にうつるのはお世辞にも”美人”や”イケメン”とは言えないレベルの人物。見なかったことにしようと思うくらい髪の毛の少ない新郎…。歳をとってからの駆け込み婚はなりふり構ってられない感がひしひしと伝わってきます。

 

結婚は顔だけじゃないとはいうものの、子作りをするにあたって生理的に受け付けるかどうかは重要な問題になってきます。私などは周りからはB専(ブサイク専門)だと揶揄されてはいますが一応自分なりの好みというものは持っておりまして…そんな私の旦那の顔はぶっちゃけ、受け付けるか受け付けないかのギリギリのラインでした。若い頃なら全力で拒否してるでしょう。好きな人との愛あるセックスは大好きですが、好きでもない人に耳元で「愛してるよ」なんて囁かれても萎えるだけ。幸い超絶早漏ヤロー(褒め言葉です)な方なので割と苦痛な時間は短くすんでいました。ええ、子供が生まれた後はもちろんセックスレスです!

駆け込み婚した友人たちも同じく悩んでいるらしく「セックスどうしてた?」って聞かれます。それに対し「目ぇ数秒つぶって開けた頃には終わってる…」と答える私の回答は全く頼りにならないらしいです。みんなファイト!

そしてSNSの幸せ投稿とは裏腹に私にかかってくるhelp!の電話たち…決まって私の言うセリフは「好きでも嫌いでもどちらにしろ他人と暮らすというのはイライラするものよ」です。ようこそ地獄へ。有志が増えました。

1日でも結婚生活が長く続くようお互い頑張っていきましょうね。

ブスの自覚。

寝れない時に私がよくやってしまうこと…それはインスタグラムやTwitterで“#ブス”というハッシュタグを検索するという。SNSの闇をみることができていい暇つぶしになります。(さっさと寝ろ)

私は自分を「ブスである」とよく表現します。周囲からはブスではないと言われますが“美人”と言われたことはあまりありません。たぶん“美人”というタイプではなく、どちらかというと“可愛い”に属します。童顔気味でシワがないため10歳ほど若く年齢を間違われます。ですが「モデルか女優さんですか?」ではなく、「AKBにいそうだね〜」な感じです。レベル的に中の上か、上の下といったところが妥当だと思っています。

若い頃、銀座の夜のお店で働いていたこともあり(お店には可愛い子もブスも両方いましたし、売れっ子がただ美人な人たちだけではないということもわかりました)、私は見た目で人気があったタイプではなく少しブスなことを売りにしてお客さんから可愛がられていました。

そういう見られる商売の場で働いていると整形している子も多く、彼女たちは自分のコンプレックスを着々と治して完璧な美人になっていきます。私も歯と顎を少しいじりました。

ですが私は元々の骨格が良くなく横顔が非常にブスです。前方からはまだマシなのに、横からのアングルがドブス!!!もうお金いくらかけても治らないレベル。笑

この「完璧な美女になれない」という事実が私にブスというものを受け入れさせたのでありました。

あんまりブスブス言うと、ブス自覚があり、なおかつ私よりも顔が崩れている子から大ブーイングを受けるのですが。その子たちも私も含め、自分の見た目のレベルを受け入れているというか、しっかりとブス度を認知している。この自分の見た目のレベルを認知することは生きていく上で重要であるなとしばしば思うのです。

 

30代40代のこじらせ男女たちに共通していえるのは「自分を過大評価している」方が多く感じられます。いわゆる“カンチガイ”というやつです。30年以上生きてきてつくづく感じたことは「女は見た目で評価されやすい」ということです。 

人は見た目が9割 (新潮新書)

人は見た目が9割 (新潮新書)

 
言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

 

 美人は生涯に2400万円得し、不美人は1200万円も損して、美貌格差の総額は3600万円にもなるのだ。

 “美貌格差”ですって。ひっど〜い!なんて言いたくなりますが、これは身をもって経験しているためバカにできない真実です。自称ブスの私ですらこの金額以上使ってもらっているため、芸能人クラス級の美女ともなれば相当な金額になるのではないでしょうか。 女の価値を見ためのみで判断するというのは大変浅はかな行為だなあと感じるのですが、初対面で中身を知ってもらうことなど到底不可能であるし、そもそも中身すら浅い私たちにどうしろと…。

とにかく“女は顔”なのです。そして男はというと…“金”ですね。見た目もいいにこしたことはないのですが、見た目が悪くとも“金”があればカバーできるといったところが女とは違うところでしょうか。

 

このくだらない価値基準の中で自分はどのレベルに位置するのか?を客観的に判断できている方が、生きやすいのだと私は思います。

私が若い頃に「美人だからモテて当然!イケメンで億以上稼ぐ男じゃないと釣り合わないわ!」なんて勘違いしてたらきっと結婚なんてしていなかったでしょう。この顔のレベルだし、ここら辺が妥当だろう…と。

ブサイクを自覚する男友達は「俺の嫁はめちゃくちゃ美人とかじゃないが、金もなく容姿もそこまで良くない俺レベルが結婚するとしたら、たぶんこれが限度だと思った」という発言が聞かれます。言い方はひどいですが、要は分相応というものを自覚しているということですね。「ブサイクで金もないが美人としか付き合いたくない!」と喚いていた友人は、最近結婚も彼女もあきらめて美人しかいない高級ソープに通っております。

 

「結婚したいのにできない!」「彼氏(彼女)欲しいのにできない!」と言ってる方たちは、一度“自分が人からどう見られているか”を客観視するところから始めた方がいいのかもしれません。

中学生時代の夏休みの思い出がない。

自分のプライベートな話を書くと身バレが怖く、なかなか書けないでいましたが…

 

こちらのブログを拝見して少しだけ書いてみようかと思いました。

 

題名の通り私は中学生時代の夏休みの思い出がありません。「思い出がない」というのは適当ではないかもしれません。正確に言うと「友達と遊んだ思い出がない」です。

中学1年生の頃はバドミントン部に入っていたため、夏休みは部活に行くという日課があり外出していたのですが、そのバドミントン部がまた厄介。ペアを組んで練習をしなくてはいけないという決まりが。するとペアを組んでいた相手が部活に来なくなり…また中学2年生になった頃から私は同学年の女子全員から無視されていたため、部活にいってもそんな私とペアを組んでくれる友人がいるわけもなく…。そして私はバドミントン部を辞めました。

小学生の夏休みは嫌でも毎日あったラジオ体操すら中学生は行く必要がありません。私は毎日何をして過ごしていたのでしょう。何となく記憶にあるのは

 

起きる→朝ごはんを作る&食べる→ニュースを見る→洗濯物を干す→お昼ご飯を作る&食べる→昼ドラを見る→昼寝するor読書→洗濯物をたたむ→夕飯の用意をする

 

ん?主婦ですかね?

毎日同じことの繰り返しで全く面白くもクソもない夏休みでしたが、それよりも私は夏休み明けの友達のいない学校生活がまた始まる日が来ることにビクついていたような気がします。

なぜ友達がいなかったかは、まあ自分のせいでもあり、そんな自分を作った毒親な両親の存在がありました。私の親は子供に関しては「成績が良ければそれでよく、遊びや友達は必要ない」そのような偏った考えの方たちでした。中学生の女子というものはただでさえ面倒臭いものであり、その対応に悩んでいた当時の私に対して

友達なんてものはいらない。何にも利益にならない。なぜ友達なんか欲しがるのか?

と言い放たれた記憶があります。(父に友人はいません。お葬式呼ぶ人いないや。あはは)自分のせいであると言ったのは、キチガイ発言を繰り返す親に反抗できなかったという点ですね。養育されているうちは反抗できないな…と子供ながら理不尽さを感じていました。

我が子に友達が一人もおらず夏休みにどこも行かないという状況が変だとは私の親は考えなかったのか?(もともと社交的でなく本ばかり読んで引きこもっていた幼少期でしたが)なんて愚問ですよね。はい、考えてなかったと思います。“問題を起こさないいい子”であったことでしょう。そのようにして2年生の夏休みは過ぎていき、3年生の夏休みはというと…ゴロゴロしていて暇な夏休みを過ごすくらいなら、と塾に通うことになりました。というわけで継続して友達のいなかった私は、毎日塾に通うという予定ができたことに喜びを感じていました。その塾も自分と同じ学校の子が通わないような遠い場所を選び、安心感もあり、塾に行くということがとても楽しかったのを覚えています。

私の両親は世間でいう毒親でしたが、私が大人になると無毒化しました。というより「養ってやってるんだから言うことを聞け」のセリフが言えなくなったこと、子供ながら親のために自分を犠牲にするのは当たり前だと思っていた私の優しさに甘えまくっていた両親に対して、厳しく接するようになったことが大きかったと思います。

 

というわけで世間は「夏休み=楽しい」といったイメージでしょうが、私の夏休みの思い出にはダークなものが含まれているのです。まだまだ夏休みは始まったばかりですが、こどもたちが楽しい夏休みを過ごせますように…。

 

ゲロを浴びた話。

f:id:nemuinoninemurenai:20170723115739j:plain

三連休いかがお過ごしでしたでしょうか?私は自分の好きな歌手のイベントがあり、そのイベント参加券をゲットするために始発で店舗に向かい、ひたすら並んで無事に参加券を手にすることができました。
 
イベントを終え、ファンで仲の良い子たちとディナーを食べ、感想を語りながらルンルンな気持ちでの帰宅…と電車に乗ったところ、何やら不穏なカップルが隣に。
 
男「ううぅぅ、吐きそう。(手にビニール袋所持)」
女「(男の背中をさすりながら)大丈夫???」
 
男の隣に位置していた私は、やべぇなーてか背中さすったりなんかしたら余計出るだろ!やめろ!と女の行動にイライラしながらもチラチラ観察していました。吐かれたら逃げなきゃいけないから。
まだ21時過ぎたところで飲み過ぎにしては早い時間だなぁと…お酒弱いのにムリしたのかな?若そうだしな〜なんて思ってたら
 
男「お前なんで平気なの?」
女「やーなんか酔い覚めてきた的な?」
 
という会話。あきらかに余裕の表情の女。
 
その10秒後、
女「え、う、なんか…きもち…わる…あ、う、ウオッ!
オホエバァァァァァァァァァァァァアアアア!!!!」
ビシャアアアアアアアアア!!!(勢いよく前方に飛び出す酸性の液体)
 
  男女
  /液\
 私 体
 
という構図でいたため、その液体(チラホラ固形物も見える)は私の左半身にぶっかかることに。女が吐くと思っていなかったとはいえ反応できなかった自分にげんなりしながらも、女の方を見ると嘔吐物まみれの顔をしているにもかかわらず自身が吐いてることを理解していないようで…
 
お気に入りの服を着ていたわけではないため特に苛立ちは感じず、リュックからタオルを取りだし、女にとりあえず顔を拭くように伝える私。タオルなんて捨ててくれと思って手渡したんですが「ありがとうございます」ってゲロつきタオル、ちゃっかりしっかり返却されました。
 
ビシャアアアアアアアアア!!!の瞬間、「ヒィィィッッ」って身を守りまくってた優先席に座っていた女2人組(若者)」タオルをだした私の後に「こ…これ使ってください」ってポケットティッシュを2つ渡し…
 
ゲロ女は床にブチまけたさっきまで胃袋におさめていたはずの液体をティッシュでふきふき。ゲロ女の隣で吐きそうにしてた男は「(え〜〜お前が吐くんかーい!)⁈⁈⁈」という表情ではじめ固まっていたのですが、ティッシュ手渡された後はキョドりながらも女と一緒にふきふき。一気に酔い覚めて良かったね。床の嘔吐物をあらかた拭きおわり(窓とかにもかかってた)ゲロ子は逃げるように電車を降りていきました…。
 
降りぎわに
女「かかってませんでしたか?ほんとタオルありがとうございました(涙目)」
私「大丈夫ですよ(かかってるけどね)」
なんてやり取りを。
 
私は返却されたゲロつきタオルで自分の服についた固形物をとり(液体は染みこんでしまったので)、手にゲロタオルを握りしめたまま帰宅しました。
 
ゲロなんかで怒る私ではないんですが…
 
お酒の弱い方は飲み方ももちろん気をつけてもらいたいのだけど、
気持ち悪い時は電車に乗るな!!!
吐きそうなら即降りろ!!!
ゲロは人にかけてはいけないいいいい!!!
 
というアクシデントつきの楽しい三連休を過ごした私でした。
人生でゲロまみれになったのは初めての体験だったなあ…(感慨深い)。
 
 
 
 

「君の座右の銘って何?」って聞いてくるやつなんて嫌いだ。

昨日“座右の銘”を聞かれたんです。
座右の銘

常に自分の心に留めておいて、戒めや励ましとする言葉。

もともと、古人が席の右側に置いて自らの言行を戒める言葉であったが、後に人々はそれを傍らに置いて自らを激励したり、戒めたりする格言となったとされている。

「座右」とは、皇帝が自分の右手側の席に、信頼できる補佐役を座らせた重要な席を指す。「銘」とは、古人が鐘や器などの器物に刻む文体の一種であり、自分自身の戒めや他人を賞賛する目的で刻んだものである。

d.hatena.ne.jp


私の“座右の銘”はナウシカの言葉で「私達は血を吐きつつ、繰り返し繰り返し、その朝を越えて飛ぶ鳥だ」というものなんですが、、、いかんせん暗い。
これ言ったら説明するの面倒なことになる…そしてその場の空気が確実に重くなる…何かいい言葉ないかな…(汗汗)
と思いついた故事成語が「臥薪嘗胆」(!?)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A5%E8%96%AA%E5%98%97%E8%83%86ja.wikipedia.org

重いいいいいい。もうね、根暗です。考え方の根が暗い。聞いてきた方は初めて会ったばかりの方で…そんな深い話をする間柄ではないのですよ。私のネクラ〜〜な性格なぞ場の空気を悪くするだけの迷惑極まりないものなんですよ。こんなとき軽く流せる方が羨ましい。隣で友達が「私は一期一会かな〜〜(テキトーな微笑み)」ってやりやがったので、チキショー私もそれやりたいぜ!ってなりました。(見習え)
私ほんとにテンパると何も浮かばなくなる派なので、こういうときめちゃくちゃ困るんです。だからもう用意しておこうと!思いましたね!どーでもいい人用のサラッとかわせる“座右の銘”なるものを。

対どーでもいい人用・明るい“座右の銘”をお持ちの方、コメント頂けると大変喜びます。