読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじらせ女子の末路

非倫理的社会不適合者です。

『人は、心で思っているままの人間になる』 (ジェームズ・アレン)

『人は、心で思っているままの人間になる』

 (ジェームズ・アレン)
f:id:nemuinoninemurenai:20170203065310j:image
イギリスの作家さんです。自己啓発本や詩が有名なのだそう。
今日この作家の言葉が目についたそもそもの原因は、私の家の真横にある本屋の新書コーナーに(噴飯ものといっては失礼であろうか…)『鏡の法則』が未だに置いてあったから。
 
あれの発売当時、「9割の人が泣いた!」というクソみたいな宣伝文句のせいで、私の購買意欲がガタ落ちし…立ち読みで10分ほどで読了しました。
 
内容がうっすいのと文章が稚拙すぎて、子ども向けの本?でも自己啓発本ですよね?何狙い?と頭を抱えた覚えがあります。
 
そんな本が未だに新書コーナーの目のつく場所に置かれていることに、驚きと少しの嫌悪感を感じる私。
 
自己啓発本か〜〜〜〜と帰ってきてから、ネットをちらほら検索していてこのジェームズ・アレン氏の言葉にヒットしたというわけです。
 
『人は、心で思っているままの人間になる』
 
他にも
 
『思考は現実化する』
 
などの名言を残されてますが…これね〜頭のいい人の言葉だな〜と染み染み思うのです。
 
なぜなら、この言葉は自分をセルフコントロールできている状態を前提としているから。自分で自分の感情をコントロールし、行動も感情に伴って行動するわけで、感情をセルフコントロールできていれば自分のなりたいもの(というか人物)になれる、ということですよね。
 
でも現実はそう上手くいかない。
 
なぜなら、人は産まれながらにしてその能力に個体差があり、知的能力が誰しもジェームズ・アレン氏ほど高くないからです。私も然り。
 
まず、上記の
 
『人は、心で思っているままの人間になる』
『思考は現実化する』
 
という言葉を、作品を読まずに言葉だけを見る。この言葉の“思っているままの人間”とは、人格や考え方のことを言っているのだけど、短絡的に考える人間は「自分は社長だ!って思ってると社長になれるんだーーーー」とか「キレイキレイって言ってれば、美人になるのね」などというトンチンカンな方向へ走りかねない。
 
というかそういった自己啓発本もあります。私に言わせれば頭オカシイ。
 
「僕は社長だーーー」って言ってたって企業するスキルと知能と財力がなければ会社はなりたたないし、実際経営はそんな甘っちょろいものではないでしょう。
 
ブスは鏡みて何度「私はキレイ」と唱えたところで、ブスはブスです。
自分で自分を慰めている暇があったら、お金貯めて美容整形いけよと。美容整形は言い過ぎかもしれませんが、オシャレするとか、自分に合ったメイクを探すとか。そのほうが合理的だと思うんです。
 
心のセルフコントロールについてはとても大切なことだと思う。こうなりたい自分を思い描くのもいいと思います。でも、それを現実化させるためには、じゃあどうすべきか?といったことを考える思考力が必要。そして思考力を維持する精神力。かつ、その思考力をパワー源にすることで実行にうつすことのできる行動力。
 
って考えてみたら、無理ゲーじゃない?!
 
そんなのもともとハイスペ人間じゃないとムリだよ!そもそも思考力培うところから始めなきゃだよ!よし、生まれ直そう(窓ガラガラ、3階からピョン!)
 
ってなりかねない。
 
もう心のセルフコントロールなんて高尚なものが自分にできるだなんて思えなくなってきましたが…(何度も言いますがセルフコントロールしようとする方の努力は否定しませんよ)
 
世の中の自己啓発本の言葉をうのみにしてる思考力の貧相なブスども!手っ取り早い方法は、鏡見て「自分はキレイキレイ」って魔法かけるより、レッツゴー美容整形だ!
 
あれ?自己啓発の話をしてたはずなんだけど、おかしいなあ。

好きな人に付き合ってって言ったら「お前とは結婚したくないから付き合えない」って言われた!

好きな人に付き合ってって言ったら「お前とは結婚したくないから付き合えない」って言われた!


と、先日友人から相談案件が入りました。


なんでもその相手の方とは、お会いしてかれこれ1年近く経つらしく、月に2〜3回は会っており、


かつ2、3日続けて共に過ごすこともあったそうな…。


もはや素直な痛い子なら彼氏!?と勘違いしそうな案件ですね。


私はそんな脳みそシュークリーム女な友達に言いました。


「セフレ歴なげぇなあ(ボソッ」


その子は付き合えるかもしれない!と思って彼との関係をダラダラと1年も続けてきたらしいのですよ。


某〇〇省にお勤めのエリート公務員様な魅力をお持ちのその彼。


まぁ話聞いてるとクリスマスも一緒に過ごしたみたいだし?


勘違いしたくなるのも当然かと。


「お前とは結婚したくないから付き合えない」と言い放った彼に言いたい…


「勘違いするからセフレ女とクリスマスなんか過ごすんじゃねーよ!!!」と。


私は沢山遊ぶ男がいるけども…


クリスマス、誕生日、年越しなどの日は共に過ごすことを全力拒否しています。


「大事な日に俺と過ごしてくれてやっぱり俺のこと好きなんじゃ…」


とか思うようなミス絶対にしません。


あとあと面倒くさいから。


お前は『セフレ要因orそれ以下だ』という事実をつきつけるためにも、大事な日と思われるような日はできる限り同性の友人と過ごすことにしています。


ここ数年は男と過ごしたくないがために誕生日は海外逃亡したり、女友達とゲイバーで朝まで飲み明かしてたり…


年末はここ4年ほどは友人夫婦宅にお世話になっております。邪魔を承知の上で。


ははははははははは。


話は戻りますが、クリスマスをその子と過ごした彼にも勘違い要因を作った責任はあると思うのですよ。


謝れ〜〜〜〜


謝れよ〜〜〜〜


謝罪しろよ〜〜〜〜


怒!!!!!


で、blogの題名にもした「お前とは結婚したくないから付き合えない」という台詞なんですが


以前私も似たような台詞を言われた経験があり


それは…


「結婚したいから別れて」


って、ハイィィィィィィィイいいいいいい???!!!


というものだったのですよ。


その当時の彼曰く、「僕は結婚したいんだが、君はその相手に相応しくないから別れてくれたまへ」といった主旨であったみたいです。


その頃の私はアタマ真っ白。てか出会って4ヶ月、その期間4回しかあなたと会ってないじゃないの…


なんで “結婚したくない女” なんて思われなきゃいけないのよ!!!と。


このときの心情、上記の友人の心情と同じだと思われました。


そしてどう考えてもなぜ “結婚したくない女” 

であるのかわからなかった私は


5年ぶりにその彼にLINEしてみることにしました。


友人のためにも。


はい、ドーン!!!

f:id:nemuinoninemurenai:20170130032857j:plain

5年前の彼は、私のことを会って4回で “金のかかりそうな女” だと判断し即捨てたのでした。


解決ッ☆


私、田舎育ちのため自分では自覚なかったのですが…その田舎の中では、少しだけ “いいとこのお嬢さん” だったようなのです。


なぜ気づかなかったというと、年の離れた弟が大学に入学するまで世帯年収を知らなかったという。


また、周りの友達も良いお育ちの子が多かったため自覚しづらかったのです。


自分の知らないどこかで溢れ出ているであろうVIP感(笑)が憎い。


ちなみにこの、5年前の彼は未だに結婚はしていません。くすくすくす。


そんな理由で私はフラれたわけですが…


相談相手の彼女はというと


その子もいいお家の子ではあるのですが、なぜかとてつもなく倹約家であり


VIP感が溢れ出ているようには到底見えない。


ブランド物も持たず、高級イタリアンに連れてけ!なんて言わない。


彼女の何が彼に「結婚したくない」と思わせるのか…


そもそも付き合ってすらないけどね。


半日そんなことを話した結果でた結論が


「本人に聞こう」


でした。


もうフラれてるんだし、本人に聞くのが1番!


さーて、彼は「彼女が自分との結婚に向かない理由」をなんと説明してくるのか楽しみです。

『クズの本懐』というアニメが始まってますね。

※ネタバレ若干含みます。

 

 

 

クズの本懐』のアニメが始まったので、漫画の方を読んでみたのですが…

f:id:nemuinoninemurenai:20170203065040j:image

自称クズの私からすると、この『クズの本懐』で語られている主人公たちは生温い。こんなものをクズなんて言ってる作者や世間は、私のことをクズ以下の何と呼ぶのだろう?

 

主人公である高校生カップルは可愛らしい。ちょいクズではあるが高校生ゆえの可愛らしさを秘めた幼さゆえの思考回路。そんな登場人物の中の「皆川茜」。この、人物が私と思考回路がかぶってるんだなぁ。

 

主人公花火のセリフ

「興味のない人から向けられる好意ほど

気持ちの悪いものってないでしょう?」

 

に対して皆川茜のセリフ

他人から向けられる好意ほど、

気持ちいいモノなんてないのに。」

 

THE☆糞ビッチ発言!!!

 

だけど私はこの皆川茜の意見に賛成派なんです。ブスで男から相手にされない女の子には味わえない感覚を味わえるという優越感。これのせいなのかな…と。

 

ビッチな女は沢山いるけども、ちゃんと口説かれて優しくあつかってもらってこその快感だと思うんですよ。男がどうしたら振り向いてくれるか(ヤらせてもらえるか)、あの手この手を使って口説いてくる、だからこその快感があると私は思うんだけど…

 

漫画の皆川茜はわりと即マン(すぐにエッチさせちゃう女)なんですよ。(しかもいらなくなったらすぐ捨てる)私は即マンは時と場合によります。

でも、なんだかんだ相手の好意を拒否しないのは皆川茜と一緒。だって好きって言ってくる(ヤりたがりな)男性は美味しい高級料理を食べさせてくれたり、欲しい物をかってくれたりするから。

 

“なにかしら自分に利益がある”から、私は好きでもない男の好意を受け入れてしまうのだと思います。クズな思考回路だと思うし、とても浅はかだなとも思う。

 

あと、よく言われるのが「若いうちだけだよ。」という言葉。その言葉言われ続けて15年は経ちましたが、未だに男の人に素っ気なくされたことはないです。

 

あ、糞ビッチな自分が好きなわけではなくて…できれば世間の言う「クズ」でないマトモな人間になりたい。でも目の前に餌ぶら下げられると食べちゃう自分がいる。「プレゼント買ってあげるからごはん行こ」って言われたら、ごはんくらいならいっか〜ってなっちゃうんです。

 

今の日本の能天気アタマお花畑社会の中で、世間の人たちは「食べていいよ」って目の前に出されたご馳走を食べない人っているのかな?

 

私は美しいもの好きだからか、友達も容姿が優れてる子が多いのだけど、、、

誰も聞いてないのに「バーキンもらった」だの、「ロブション連れてってもらった」だの教えてくれます。水商売のお姉さんではないですよ。

 

なにが言いたいかよくわかんなくなってきました。すいません。

つまりは、世間の言う、他人の好意を受け入れてる人を「クズ」と呼ぶなら、「クズ」はそこら中に転がってることになるよね?ってことかな。